できることから 始めよう。

毎年、約3,000人の方が造血幹細胞移植による治療を必要としています。その多くはドナーの協力が欠かせず、ドナー登録が増え提供しやすい社会のサポートが求められています。あなたの踏み出す一歩で救われる命があります。

このプロジェクトは「かながわボランタリー活動推進基金21協働事業負担金対象事業」として神奈川県との協働事業で実施しています。

サポーター登録する

一覧を見る
10 12 2018

「移植前後における口腔ケアの実際」の記事を公開しました

国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 歯科博士 吉村美枝子先生より寄稿いただいた「移植前後における口腔ケアの実 … “「移植前後における口腔ケアの実際」の記事を公開しました” の続きを読む

一覧を見る

サポーター登録ができません

サポーター登録がうまくできない場合は、support@start2be.org 宛てに、件名を「登録ができません」と記してご連絡ください。担当者より折り返しご連絡いたします。また「お問い合わせ」ページのフォームよりご連絡いただくことできます。

どこの病院でも移植は可能ですか?

できません。専用の設備が整った病院でしか移植医療を受けることができません。神奈川県内の移植施設は日本骨髄バンクのサイトから「骨髄バンク移植認定病院一覧」を参考にしてください。

サポーター登録とは何ですか?

Start to Beのサポーター登録とは、造血幹細胞移植に関してより多くの方に興味をもっていただき、何かしらの支援を始めたと思われる方に対して、情報を配信するための制度です。登録したからといって何かをしなければいけないということは全くありません。

血液がんについて

私たち、ヒトの体は、約60兆個の「細胞」からできています。
「細胞」の1つ1つの中には、「核」が入っており、その「核」の中には、46本の「染色体」が存在しています。1つ1つの「染色体」をほどいていくと、らせんの構造をした「DNA」が現れます。この「DNA」のうち、遺伝情報をもっている一部の領域のことを「遺伝子」といいます。

Start to Beのサイトは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが運営する造血幹細胞移植支援のための総合プロジェクトです。移植治療が必要な患者さんへ十分な情報が届くように、また、理解あるドナー登録者が増え、納得をしたうえで速やかに提供に至るよう、「救えるいのちを救うため」にStart to Beへのご支援をお願いします。

イべントのご案内

インタビュー

神奈川県での造血幹細胞移植の現状について

造血幹細胞移植治療に携わられている金森先生に、神奈川県での移植治療や先生のことについてお聞きしました。

インタビューを見る

できることから始めよう。サポーター登録して情報を受け取ろう。
サポート団体 (順不同)
日本赤十字社 神奈川県骨髄移植を考える会 造血幹細胞移植情報サービス 日本造血幹細胞移植学会 日本骨髄腫学会 全国骨髄バンク推進連絡協議会 全国骨髄バンク推進連絡協議会 再生つばさの会 院内患者会世話人連絡協議会