インタビュー

3人娘に支えられて。臍帯血ドナーさんへありがとう!

急性骨髄性白血病で臍帯血移植を経験した星野智子さんへお話を伺いました。

記事を読む →

3度のがん、娘の20歳の誕生日は家族でお祝いしたい!

急性骨髄性白血病で臍帯血移植を経験した高山知朗さんへお話を伺いました。

記事を読む →

二度の骨髄提供は、「お互いさま」の精神で

骨髄バンクでの骨髄提供、痛みはないのか。不安はないのか。二度目も提供したいと思えるのはなぜか…。「緊張や不安? あまり感じないですよ」。二度目の骨髄提供を前に笑顔でサラッと心境を語るMさん(30代・男性)。

記事を読む →

あがけ、あがけ、我が子のために

親が子どもに一番に望むのは、健やかな成長です。それなのに、幼い我が子が白血病を発症し、父親である石橋さんは厳しい現実と向き合うことになりました。

記事を読む →

妊孕性の有無より大切だったもの

結婚を決めた相手に、治療の影響で妊娠が難しいと告げられたら?
AYA世代※のがん患者と妊よう性の問題は避けては通れませんALL患者さんとの向き合い方を考えるきっかけとなる、一人の男性のケアギバーストーリーをお届けします。※Adolescent and Young Adultの略で思春期・若年成人のこと。

記事を読む →

家族の存在、子どもの成長を力に変えて

10代でクローン病、20代で急性リンパ性白血病(ALL)を発症。「なんで、自分ばかり……」。病気と縁が切れない人生に溜息をついたこともあったそうです。治療の原動力となったのは、家族の存在。自分のためはもちろん、「大切な誰かのため」を思うと人は一層強くなれるもの。家族と共にALLと向き合ったサバイバーストーリーをご紹介します。

記事を読む →