LINEスタンプで応援!

血液がんの患者・パートナーが使いやすいLINEスタンプ「動く♪がん治療とコミュニケーション」が出来ました!

完治を目指して小児の治療を

ドナーさんがいなかったら、死んでいたかもしれない。骨髄移植は、天に浮かんでいく私の手を、顔も名前も知らない運命の人(ドナーさん)が私の手を取って、家族や友人がいるこの地上に戻してくれたような経験でした。

病気になって「一日一日を大事に!」を実践中

ある日、激しい腰の痛みから動けなくなり、下半身麻痺と多発性骨髄腫をダブルで抱えることになった伊田雅明さん。まさかの余命宣告から4年、折れない心を持ち続けた闘病生活とその先に待っていた命輝く生活とは。