移植治療について

骨髄バンクに登録するための条件

日本で造血幹細胞移植を必要としている患者さんは、毎年約3,500人いらっしゃいます。一人でも多くの命を救うためには、一人でも多くのドナー登録が不可欠です。

ドナー登録は2mLの採血で済みます。しかし、まず確認しなければならないのは、ドナー登録ができるかです。いくつかの条件がありますので、次の表で確認してください。

 

ドナー登録ができる方 ドナー登録ができない方
骨髄・末梢血d細胞の提供の内容を十分に理解している人 病気療養中または服薬中の方(特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病など、慢性疾患の方)
18歳~54歳で健康な人(ただし、実際に提供できるのは20歳~55歳) 悪性腫瘍(がん)、膠原病(慢性関節リウマチなど)、自己免疫疾患、先天性心疾患、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの病歴がある方
体重が男性45 kg以上/女性40 kg以上の人 本人またはご家族に悪性高熱症の病歴がある方
最高血圧が151以上または89以下の方、最低血圧が101以上の方
輸血を受けたことがある方、貧血の方、血液の病気の方
ウイルス性肝炎、エイズ、梅毒、マラリアなどの感染症の病気の方
食事や薬等で呼吸困難やひどい発疹などの既往がある方
過度の肥満の方(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)が30以上の方)
※腰の手術を受けたことがある方は骨髄提供は不可(末梢血幹細胞の提供は可能)

骨髄ドナーと末梢血幹細胞ドナーでは一部条件が異なります。

詳しくは、ドナー登録をお考えの方へ(日本骨髄バンク)をご覧ください。