• すべて
  • 患者支援
  • 感染管理
  • 基礎知識
  • ドナー
  • 生活
  • リンパ腫
  • 小児
  • 白血病
  • 骨髄腫

G-CSFを注射すると、なぜ血液中に造血幹細胞が出てくるの?

この記事は、福岡大学薬学部 医薬品情報学 助教 松本太一先生に寄稿していただきました。 G-CSF注射で血液中に造血幹細胞が出てくるのはなぜ? 顆粒球コロニー形成刺激因子(granulocyte-colony stimulating fac …

記事を読む →

“小児がん”ってどんな病気?開催レポート2

気分はドクター!? 本物の医療器具を使って検査・手術を模擬体験 午後は先生方の指導のもと検査や手術を模擬体験。その準備知識として、同センター外科医長・小児がんセンター長の北河徳彦先生が、『“小児がん”はこうやって見つける!治す!』をテーマに …

記事を読む →

“小児がん”ってどんな病気?開催レポート1

夏休み中の2019年8月10日(土)、神奈川県立こども医療センターと認定NPO法人キャンサーネットジャパンの共催により、小児がんをテーマにした子ども向け無料講座を開催しました。小児がんは、14歳までにかかるがんの総称です。小児がんで最も多い …

記事を読む →

命を救う献血の向こう側 神奈川県赤十字血液センターを訪ねて3

24時間稼働、血液製剤を医療機関に届ける重責  ~学術情報・供給課~ 厳しく温度管理された保管庫には、出庫を待つ血液製剤が並んでいました。献血で集まった血液が血液製剤として製品化されるまでには、製造所で検査後、複数の工程を踏む必要があります …

記事を読む →

命を救う献血の向こう側 神奈川県赤十字血液センターを訪ねて2

血液事業は日本赤十字社に与えられた使命 『人間を救うのは、人間だ。』。これは日本赤十字社のスローガンです。Start to Beが訪ねた横浜市港北区にある神奈川県赤十字血液センターで目にしたのは、冒頭のスローガンを体現する職員の方々の仕事ぶ …

記事を読む →

命を救う献血の向こう側 神奈川県赤十字血液センターを訪ねて1

手術や骨髄移植を行う際、欠かせないのが輸血用血液製剤です。それは献血によってまかなわれていますが、血液を安定的に確保し、安全に供給できている当たり前を、誰がどのように支えているかは知られていません。そして、献血で提供した血液に命を救われ、感 …

記事を読む →