移植と移植のフォローアップについて

新型コロナウイルス感染症において注意すべきこと

この記事は、国立がん研究センター東病院・総合内科、国立がん研究センター中央病院・造血幹細胞移植科(併任)冲中 敬二先生に寄稿していただきました。

移植後の患者さんにとって風邪は大きな脅威となる

手洗いなどの感染予防対策は年中必要

ほとんどの風邪はウイルス(RSウイルスやパラインフルエンザウイルス、ライノウイルスなど)による自然に治癒する感染症で、健康な人にとって問題となることはほとんどありません。しかし造血幹細胞移植後の患者さんや血液腫瘍の患者さんには、しばしば肺炎のような下気道感染症を起こします。下気道感染症に至った場合には2-4割の方が亡くなるなど、大きな脅威となります。

風邪の原因となるウイルスによって流行する時期は異なります。RSウイルスやインフルエンザウイルスのように冬に流行するものだけではなく、パラインフルエンザウイルスのように春から初夏にかけて流行するものもあるため、年中風邪に対する注意は必要です。具体的にはこまめな手洗い、適度な食事や睡眠などで体調を整える、体調の悪い人を避けるなどです。

参考文献
Fontana Lら[Infect Dis Clin North Am. 2019]
Waghmare Aら[Blood. 2016]
森ら[造血細胞移植学会ガイドライン] PDF

新型コロナウイルス感染症は?

今回問題となっている新型コロナウイルス感染症は、季節性インフルエンザよりも広がりやすく、亡くなる方も多い可能性が示されており、注意が必要です。加えて、がん患者さんは重症化するリスクが高いことも分かってきています。

現在までのところ、明らかな治療効果を示す薬剤やワクチンはありません。このため、感染症にかからないように予防対策を心がけることがより重要です。患者さんだけではなく周囲のご家族も気を付ける必要があります。

詳しい内容は以下のサイトもご参照ください
・国立がん研究センター東病院「新型コロナウイルス感染症について」
・厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ & A(一般の方向け)」

新型コロナウイルス感染症から身を守るためには

以下のような点を心がけてください。

  • 手洗いを心がける(手指消毒用アルコールもしくは流水と石鹸を使った手指衛生)
  • 咳があればマスクをつける、マスクがなければ咳の時にティッシュや肘で覆うなど、咳エチケットを守る
  •  外出や人込みを避ける
    -特に長時間換気の悪い場所に不特定の人々が集まるような場所
    (参考:厚生労働省のポスター PDF)
  •  顔(特に眼、鼻、口)はできるだけ触れない
  •  家庭内でよく触れる部分の清掃、消毒(ドアノブ、スイッチ、手すり、リモコン、電話、携帯電話など)
  •  睡眠や食事をしっかりとり体調を整える

もし同居家族が風邪症状を呈する場合には以下の点に注意しましょう。

  • 部屋を分け、がん患者さんとできるだけ接触しないようにする
  • マスクをつける、マスクがなければ咳の時にティッシュや肘で覆うなど、咳エチケットを守る
  •  よりこまめに手を洗う
  •  風邪の家族とタオルを共有しない
  •  定期的に家の中の換気を行う
  •  家庭内でよく触れる部分の清掃、消毒回数を増やす
  •  外出をできるだけ控える

手の洗い方やマスクの着用方法は以下の厚生労働省のウェブサイトなどをご参照ください。
新型コロナウイルス感染症の予防
感染症対策への予防をお願いします PDF

マスクはあくまで発症者が感染症を伝播させないようにするためのものです。家族が発症した場合は、発症した家族に優先的にマスクを着けてもらうようにしましょう。

マスクは適切な使用方法が重要です。鼻やあごを覆った適切な装着のほか、一度装着したマスクの表面には触れない、外す時は耳にかかるゴムを触って外し、そのあと手を洗うなど取扱いに注意しましょう。

発熱や呼吸器症状が出たら…

かかりつけの担当医との間で決まり事(電話で相談、受診するなど)があれば、その指示に従ってください。決まり事がない場合も、移植後2年以内であったり、免疫抑制剤を内服していたり、免疫抑制剤終了後半年以内などの場合は早めに担当医に相談しましょう。

移植後数年経過し、落ち着いている患者さんであれば、通常の軽度の感冒様症状(発熱や咳など)であれば2日ほど様子を見てください。症状が重い場合や、症状が続く場合(2日経過しても体調が改善傾向とならない場合)はかかりつけの担当医へ電話で相談しましょう。お近くの診療所や病院は新型コロナウイルス感染症にかかるリスクの高い場所ですので、軽い症状のみでのむやみな受診は避ける必要があります。


CNJが運営する動画で学ぶ「もっと知ってほしい造血幹細胞移植のこと」で冲中敬二先生にご解説いただいた感染症の予防対策の動画はこちらでご覧いただけます。

【造血幹細胞移植⓼】感染症の予防対策