性別や血液型が違ってもドナーになれますか?

性別や血液型が違ってもドナーになれますか?

性別が違っても、ABO型の血液型が違っていても、HLAが一致すればドナーになれます。性別や血液型が違うドナーから造血幹細胞の提供を受けた場合、患者さんの血液の遺伝子情報はドナーと同じになります。なお、造血幹細胞移植後はドナーの性になる、というのはいろいろな誤解があります。ドナーの性になるのは造血幹細胞だけです。血液はドナー由来なのでドナーがXXならXX、XYならXYになります。ただし、体細胞は患者さんのもとのままですから、卵母細胞や精母細胞は元のままで性転換することはありません。