よくある質問

闘病中の友人を見舞いに行きます。何が喜ばれますか?

生花や生もの、個包装されていない食品等は控えましょう。一般的に、生花や生もののお見舞いは控えましょう。患者さんの状態によってその時に必要なものは変わります。血液疾患での入院は長期間にわたることが多いので、率直に必要なものを聞いてみると良いでしょう。前開きの柔らかくゆったりとしたパジャマや写真や絵の多い本や雑誌などは喜ばれるかもしれません。

性別や血液型が違ってもドナーになれますか?

性別が違っても、ABO型の血液型が違っていても、HLAが一致すればドナーになれます。性別や血液型が違うドナーから造血幹細胞の提供を受けた場合、患者さんの血液の遺伝子情報はドナーと同じになります。なお、造血幹細胞移植後はドナーの性になる、というのはいろいろな誤解があります。ドナーの性になるのは造血幹細胞だけです。血液はドナー由来なのでドナーがXXならXX、XYならXYになります。ただし、体細胞は患者さんのもとのままですから、卵母細胞や精母細胞は元のままで性転換することはありません。

インターネットでドナー登録は出来ますか?

できません。登録時に採血(2㎖)が必要です。現状、日本では登録窓口やドナー登録会にお越しいただかなければなりません。

ドナーになる場合の保険はありますか?

あります。骨髄バンクのドナーは万一提供によりドナーに事故が起きた場合にも骨髄バンクが加入している「骨髄バンク団体傷害保険」から最高1億円を限度として保険金が支払われます。保険料をドナーが負担することはありません。血縁ドナーの場合はドナー傷害保険に加入することができます。主治医を通して加入になりますので、主治医にご相談ください。

アメリカに住む日本人です。日本の骨髄バンクに登録できますか?

できません。登録時に採血(2㎖)が必要です。また、その後に海外に長期滞在をされる場合は、ドナー登録を一定期間保留とする必要があります。