インタビュー

家族の存在、子どもの成長を力に変えて

2019/3/4

10代でクローン病、20代で急性リンパ性白血病(ALL)を発症。「なんで、自分ばかり……」。病気と縁が切れない人生に溜息をついたこともあったそうです。治療の原動力となったのは、家族の存在。自分のためはもちろん、「大切な誰かのため」を思うと人は一層強くなれるもの。家族と共にALLと向き合ったサバイバー...

一人で頑張らず、巻き込み上手に

2019/2/20

出産の2ヵ月後、ご主人が急性リンパ性白血病と診断。その日から病気のケア、育児、家事をこなす目まぐるしい日々が始まったそうです。2年におよぶ闘病生活で磨いたのは、一人で抱え込まない「頼る力」。入院生活、外来治療、社会復帰までを一番近くで支え続けた30代女性、ケアギバーの日々を取材しました。

ドナー候補3度目で骨髄提供、やっぱり「よかった!」

2019/2/14

採取が終わったときの安堵感と達成感。骨髄提供を経験された東さんにお話を伺いました。

支えられる側から、支える側に

2019/1/30

病気を独りで乗り越えるのは、辛く、困難です。やり場のない不安を分かち合え、ときにエールをくれる相手の存在が、暗闇を進む光と勇気をくれるもの。病院スタッフ、家族、ドナー、入院中に知り合った同病の友。多くのサポーターに恵まれ、無事に骨髄移植に成功。そして今、支えられた経験を生かし、支える側にまわって活動...

私の人生を豊かにした骨髄提供

2018/12/18

17歳の頃にドナー登録を行い、看護師として忙しく働く傍ら二度の骨髄提供を行った塩澤綾さん。ドナーとしての思いやご家族との向き合い方を語っていただきました。

ドナー経験のある血液内科医、塚田先生からのメッセージ

2018/10/24

日本赤十字社医療センター血液内科副部長の塚田信弘先生からメッセージをいただきました。